交通事故には気を付けましょう!
トップページ > 交通事故には気を付けましょう!

交通事故には気を付けましょう!

2018年01月05日(金)10:23 AM

いや~毎日毎日寒い日が続きますね~(>_<)

年が明けてからと言うもの風の強い日が続きましたが、

今日は風も止んで穏やかな感じではありますが、

気温的には昨日よりも低く寒い一日になる予定の様です(T_T)

テレビでは世界的な大寒波と流れていましたが、

日本でも東北地方や北海道、長野、新潟など大変な雪による被害が続出の様です。

私も両親ともに東北地方の出なので、

東北には親族がおりますので、心配をしながらテレビを見ております。

 

さて本日はタイトルしております「交通事故には気を付けましょう!」

につきましてお話したいと思います。

 

と言いますのも、年末年始とニュースで多く目にした事故に加え、

たった今、通勤の途中で遭遇した危ない瞬間を目にして思いつきました!

 

私、通勤のルートは2種類あるのですが、

その時の気分によって変えております。

まぁ基本的に近いので、どちらを使ってもほぼ同じ時間ですので、

本当にその日の気分で変えております^^;

そんな一本のルートの方に見通しのきかないカーブがあるところがあります。

道幅もセンターラインなどなく、車2台のすれ違いには全く問題がない程度の道幅ですが、

障害物があると、どちらかが止まって対向車が行くのを待たないと行けないような道幅の道路です。

たとえば障害物がカーブ手前にあり、よけて通過しようとしてカーブに進入している最中に、

対向車が来ると、突然対向車が視界に入りひやっとするような場所です。

対向車がスピードを出してきた場合は、本当に怖いような場所です。

そんなところでもスピードを出す人がいるんですよね~。

 

そんな場所で私の前の前は原付のスクーターが走っておりました。

スクーターの後ろが女性の方が運転する普通自動車。

そしてその後ろが私です。

ちょうどカーブに進入するところで私の前の車がスクーターに追い越しをかけました。

後ろから見ていて対向車が来たら危ないな~と思っていたら・・・

ばっちりのタイミングで対向車が来てしまいました!

心の中で「危ない!」叫びました。

追い越し途中の車はそのままでは対向車にぶつかります。

すると、まだ横にスクーターがいるのにその車は左にハンドルを切りました!

スクーターに乗っていたのはおそらくおじいちゃん?だと思うのですが、

ぶつかりこそしませんでしたが、結構ぎりぎりの感じだったと思います。

道路左の端まで追いやられて、最悪道路から外れて転倒の危険もあったと思います。

スクーターを運転していた方も驚いたのでしょう。

ワンテンポ遅れて態勢を整えてからクラクションを鳴らしていました。

スクーターと前の車の車間距離は別にそれほど空いていたわけでもなく、

スクーターの前の車も同じようなスピードだったので追い越す必要はないのですが・・・。

 

スクーターを追い越して行った車は

やっぱりばつが悪かったのか、それとも余程急いでいたのかは分りませんが、

その先の信号で、信号機が黄色から赤に変わる普通であれば停車するタイミングで、

結構いい勢いで右に曲がっていきました。

 

まあ事故がなくて何よりと思ったのもつかの間、

何と前を走っていたスクーターのおじいちゃん。

完全に進行方向の信号機は赤に変わって、

交差する側の信号機が青になっているにもかかわらず、

停止線を越えてずいぶん前まで出るな~と思っていたら・・・

右を見ていたので、もしかしてさっきの車を追いかけるのか?

と思っていたら信号を無視して左折していきました。

思わず「そっちーーー!?」声に出てしまいましたよ^^;

信号が青に変わって自分の進む方向がスクーターと同じ方向だったので、

左折をしたら、スクーターのおじいちゃんは、

ゆっくり走っていました^^;

なぜ信号を無視したのか・・・・。

申し訳ないけど思わず「どっちもどっちだな」と思ってしまいました。

 

普通に走っていればなかなか交通事故になることもないと思います。

交通法規を守ることももちろん大切ですが、

それ以上にやはり、教習所で習った「かもしれない運転」(今でも習うのかな?)

予測をしながら運転することが必要なんだと思います。

どんなに交通法規を守って走っていても、どんなに運転技術があっても、

予測運転ができない人は交通事故を起こす可能性が高いと思います。

車の運転は、オートバイもですが、自分の命だけではなく他人の命も危険にする可能性があります。

慎重すぎるくらいでいいと思います。

交通事故を起こしてしまった場合、最悪被害者の方がなくなってしまった場合どうなってしまうのか、

今一度運転する際は考えてみてください。

また歩行者や自転車の方に限って言えば。

万が一の際は一番の被害に遭うのは自分です。

是非気を付けてください!

 

そんな私も朝から気が引き締まる始まりでした!

ちょっと長くなりましたが、新年早々交通事故から始まるのは悲しすぎると思い、

こんな投稿になりました!

お互い運転には気を付けましょうね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



«   |   »

メニュー

Back number